難関資格が取得できる勉強法 

マインドマップ資格試験勉強法7デイズパーフェクトマスタープログラム

働きながら資格を取る方法、ノウハウを紹介!また、自己マネジメントで有効な時間の使い方を学びましょう!

サイトマップ

時間を増やす3つの方法

視点1のタイムマネジメントは、時間を「増やす」ことです。

時間を増やすのはお金と違って無理と思っている人も多いでしょう。



しかし、時間を「増やす」ことを、これからお話することでできるようになります。

@人に任せる

A速く正しくやる

Bやめる

の3つの増やす方法があり、これらでやり過ごします。

それでは、それぞれ説明します。

1.あなたが人に任せない3つの理由

仕事をなんでも1人で抱え込んでしまう人がいます。

3つの理由で、そのようになります。

一つ目は「自分で仕事を行った方が速いから」その仕事だけを考えるとそうなのかもしれのせん。

でも、他の仕事ができる時間をそのことによって犠牲にしていることに気づいていますか?「比較優位」という有名なものが、経済理論のなかにあります。

詳しい説明はここでは避けますが、「誰もが、もう一人に対して必ず何らかの比較優位を持つ」という根拠を、比較優位は説明しています。

「比較優位」の理論では、たとえ2つの分野とも一人の人のほうが「速い」としても、二人で分担したほうが総力のスピードは上だと教えてくれているのです。

自分がおこなったほうが必ずしも速いとは言えないのです。

2つ目の理由であなたが人に任せないのは、それは、「頼める人がいない」とか「頼みにくい」からです。

仕事を人に依頼できるのは、気軽に頼める、そして快く引き受けてくれるだろうという期待が持てる間柄の人の話です。

良好な人間関係が、そういう意味では必要です。

でも、発想の転換をここでしてみてはどうでしょうか?あえて依頼をすることにより、良好な人間関係を構築するのです。

あなたのことを相手も気にします。関係改善のきっかけをあいても、探しているかもしれません。

そんなとき、最初はあなたの依頼にビックリするかもしれません。

でも仮に引き受けてくれたら、きちんとお礼を仕事が終わった後にすれば、関係修復もできるかもしれません。

さて、3つ目の理由であなたが人に任せないのは、それは「頼んだら悪い」とか「迷惑をかけてしまう」というものです。

これらのことは、余計な気配りになります。

もしあなたが一生懸命に、本当に忙しそうに仕事をしていたら、必ずあなたを助けたいと見ている人はいます。

でも、「手伝おうか」と自ら声をかけられないでいる人は意外と多いものです。

「これ、お願い」と思い切って言ってみてください。

喜んで、待っていました、とばかりに快く引き受けてくれるかもしれません。

人に任せると言うことをこうして考えると、自分の時間が増えるだけでなく、良好な人間関係づくりにだって役立つのだとわかります。

2.自分でやるなら「速く」「正しく」やること

人にどうしても任せられないなら、自分でやるしかありません。

「速く」「正しく」やることが、自分でやりながら時間を増やす方法になります。

コツは前倒しして期限を設定し、そしてチェックを怠らないことです。

たとえば、2時間かかる仕事を1時間で終えるように、期限を自分の中で設定し集中してやる。

そしてチェックを残り1時間でする。

二度手間などの、やり直しを防ぐためです。

そんなこと無理だとおもう人がいるかもしれませんが、本当の期限より前に、思い切って期限の設定をしてみてください。

案外とできるものです。

そして、首尾よく予定よりはやく仕事が終われば、残った時間はあなたの時間となるのです。

3.究極の時間創出法

さて、ここまで紹介してきた方法は他の人にやってもらうか、もしくは、自分でやるとしたらというように「やる」ことを前提としていました。

でも、究極の時間創出法がもう1つあります。

時間を最も確実に増やす方法、それは、「やらないこと」です。

言ってみれば意図的に手抜きをすることです。

「する必要のまったくない仕事、何の成果も生まない時間の浪費である仕事を見つけ、捨てることである。

すべての仕事について、まったくしなかったならば何が起こるかを考える。

何も起こらないが答えであるならば、その仕事は直ちにやめるべきである」(「経営者の条件」)ドラッカー、経営の神様と言われた人の言葉です。

仕事の中には、目的がわからず何のためにやっているのかという仕事があります。

誰も見もしない管理資料を、前からやっているからという理由だけで作ったりする人もいます。

思い切って、そのような仕事はやり過ごしてみてください。

何事もたいていは起こりません。

「おい、あれどうなった?」と本当に必要な仕事なら誰かが聞いてきます。

それまでは、そのまま放っておいても大丈夫です。

放置プレー、意図的やり過ごし、案外と有効です。

■資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法
はじめに
ワーク・ライフ・バランスの本当の意味
「忙しいから勉強できない」は本当か?
働く人の第3の勉強法 オン・ザ・ジョブ・ラーニングのすすめ
勉強で伸びる仕事力 仕事で伸びる勉強力
収入も所得も同じ?私生活たって勉強のネタの宝庫
「学歴」より「資格」がデキる人の証明書
勉強に奇抜さも非常識なやり方も必要ない
ウサギとカメ、カメが勝った本当の理由とは?
時間とお金 節約意識の違いがもたらすもの
試験に合格しないのは「時間がないから」は本当か?
カップ麺の3分間、あなたは待ち遠しいですか?
10分で何ができるのか、考えたことはありますか?
細切れ時間を使う人、使わない人の違い
まず「始める」ためのコツ
らくらく「続ける」ための2つのコツ
「続ける」ことの3つのメリット
タイムマネジメントのための3つの視点
時間を増やす3つの方法
時間ドロボーを撃退する3つの方法
タバコをやめて、はじめてわかったこと
できる人に替わる3つの習慣
100メートル走で確実に勝つ方法
「早く言ってくれたらいいのに」
スキルマネジメント編
1日3回ピーク法で勉強に弾みをつけよう
すっきり頭に入る全体俯瞰法
細切れ時間を活用して覚える方法
達成感と充実感を味わいながら暗記する「ざるの目理論」
省エネ記憶法
特徴に注目し暗記のツボを押さえる「フォーカス記憶法」
たとえ話から知識を引き出す「逆引き記憶法」
感情を利用する「ドラマ記憶法」
言葉のイメージを利用して覚える方法
「わからない」の恐怖への3つの対処法
新聞は出題の宝庫
芋づる式 知識増強法
教材をタダで手に入れる方法
マネしちゃいけないムダ!な勉強法
グループ勉強会は本当に有効か?
メンタルマネジメント編
資格挑戦は周囲に宣言すべきか?
最も挫折しやすい危険な時期とは?
マズローの欲求5段階説 「承認の欲求」の限界とは?
ピグマリオン効果を利用しよう
勉強しないと思うと、なぜか部屋を片付けたくなる理由
あなたをやる気にさせる3つの存在
運動会で応援したくなる人社内サポーター作りのすすめ
ウサギとカメ、カメが勝ったもう一つの理由
小田和正とGReeeeNに学ぶ、「まだ」と「もう」の違い
試験直前機はどうしてみんな焦るのか?
あなたの心に火をともす熱いコトバ
働きながら取れるおススメ資格
社労士勉強中の知人の「アハ体験」
SYと言われないための日商簿記検定
簿記検定に隠された2つの魅力
簿記の「一体全体理解法」
減価償却費 貸倒引当金って何だ
行政書士は安定した人気を誇る独立開業系資格
行政書士になりたい!読めばモチベーションが上がる本
宅建は転職に有利なのに比較的合格しやすいお手頃な資格
宅建試験対策上も重要な「重要事項説明書」って何だ
科目合格制で受験しやすくなった中小企業診断士
中小企業診断士二次試験 3つの恐怖を克服してストレート合格
FP技能士はお金と保険のスペシャリスト実生活でも役立つ知識
知ってトクする生命保険の豆知識
難関だけど税理士はコツコツタイプにはオススメの資格
ITパスポート資格は、社会人に必要なITの基本スキルの証明書
衛生管理者は設置が義務づけられている意外とおトクな資格
講習、講座受験だけで取られちゃうお手軽資格
法律の勉強はこうすればアレルギーがなくせる!?
目的を確認する
全体像を図解化する
原則と例外に注意する
難しい用語は自分の言葉や身近な体験に置き換えること
理由を考え、理屈で納得・理解すること
試験によく出る5つの用語をマスターする
条文を読んだだけで「わかった」気にならない
理解度チェック
10分でわかる、よく出る法律用語の基礎知識
休みなしのお笑いタレントは労働基準法違反
親等の数え方
密室の恋?
理解度チェック ○×式テスト
資格の生かし方は人それぞれ
あとがきにかえて
資格試験に受かる!「記憶力3倍加速プロジェクト」ビデオ講座CD-ROM&PDFセット・マッピング記憶法(マインドマップ )・プチ記憶術・高速音声インプット法をビデオで解説
『最速短期合格に導く資格試験7つの勉強法』
資格取得を目指す方、有資格者必見!資格取得にかかる全費用キャッシュバックマニュアル!しかも絶対合格勉強法付き!受験費用もスクール代も参考書代も旅費交通費もぜ〜〜〜んぶキャッシュバック出来ちゃいます!
福祉介護業界の有資格者が独立し年収1000万円を得るためのマニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅ローン控除 計算



難関資格が取得できる勉強法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。